ITECとは

ITEC(International Therapy Examination council Limited)

ITECはイギリスの文部省・労働省が認定する国際ライセンス機関です。
現在世界20カ国以上、約500の教育機関でITECの教育システムが採用されています。

1947年に、アーノルド・テーラー博士によって設立され、高い水準を維持しながら、イギリスにおけるアロマセラピー発展に多大な貢献をしてきました。また、アロマセラピーの母とよばれるマグリット・モーリー女史をイギリスに招き、アロマセラピーを紹介しました。

ITECは独立した試験諮問機関であり、アロマセラピストの集まりや団体とは異なります。
創設以来、高い水準を維持する為、試験はイギリス本部より派遣された試験官により、校正かつ中立に行われます。それゆえ、英国内外から高い支持を受けています。

イギリスでは、看護学校、短大、高等職業訓練所で、ITECの教育システムが採用され、看護師、助産師など多くの医療関係従事者が資格取得や専門職に付加する技術取得のために学んでいます。また、セラピストが開業する際、大手損害保険に加入出来る条件として、ITECの資格を必要としています。
そのため、イギリス以外にも世界20カ国に教育機関があるITECの知名度は非常に高く、また、信用があります。

ITECの資格取得のためには、解剖生理学の深い理解力を必要とし、解剖生理学試験に合格することが条件付けられています。また、各専門内容に加え、セラピストとしての資質やプロとしての心得・ビジネスに必要な知識も学ぶ教育要素となっています。

ITEC